Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c4471997/public_html/pongpong-blog.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-4481741349071737" 韓国 運転 | 韓国地方暮らしぽんぽんブログ

ポハン生活#車購入

ポハン生活

みなさんこんにちは^^

実はわたくし最近ポハンで車を買ってもらいました!

就職するには車がないと不便だからわたし専用の車を買おうかと

主人と話していたのですが

急に主人に中古車を見に行こうと連れてかれ

即車の持ち主と交渉して翌日納車してもらいました。

韓国人の行動力半端なくていつも理解が追いつかない…^^;

もう運転の練習を始め、昨日はなんと1人で家から20分かかる病院まで車で行ってきました!!!!

わたしたちがどのうように中古車購入し、

運転する上で日本と韓国ではどのようなところが違うのかを記事にしてみようと思います!

どこで中古車購入したの?

わたしたちは「당근마켓」という日本で言うと「メルカリ」のような

フリマアプリで中古車を購入しました。

メルカリは出品者の住んでいる地域を知ることはできませんが、

당근마켓では出品者の住んでいる地域(さすがに詳しい住所はわかりません)が公開されるので、

同じ地域であれば直接見に行って譲渡してもらうことが可能です。

당근마켓で個人的に出品された中古車だと手入れが行き届いてなくて

買ってからトラブルになりかねませんので、

出品者から現物を見せていただく際には

主人の同僚で車に詳しい方に同行いただきました。

その方にエンジン周りなどを直接確認して

お墨付きをいただいたので即購入に至りました。

一応、中古車販売店で購入も検討してみましたが、

당근마켓で購入するするよりも倍近い値段になってしまうようで諦めました。

ちなみにわたしが買ってもらった車は

KIAの軽自動車の「morning」という車種です。

韓国でも以外にも軽自動車があるんです!

軽自動車の中でもmorningは人気で子育て中のママさんたちが乗ってるイメージがあります。

당근마켓で中古車を買う時の注意点

①購入前に車に詳しい人に現物を確認してもらう

당근마켓で中古車を購入するときは誰も仲介してくれないので、

購入者と出品者が直接交渉しなければなりません。

もし車に詳しくない場合はわたしたちのように

車好きの知り合いなどに同行してみてもらったほうがいいと思います。

②出品者は掃除せずにそのままの状態譲渡するかもしれない

わたしがびっくりしたのは購入してから初めて車内を見てみると窓にシールが貼られたままだったり

お菓子などの食べ物のくずだらけでしたTT

(出品者さんには2歳くらいのお子さんがいらっしゃいました)

とんでもないプレゼントつきの車でしたTT

下見に行ったとき夜で暗かったですし、

出品者にとっては売れるか売れないかの一大事なので

掃除を全くせずそのまま汚い状態で見せるなんて考えはありませんでした…

なので車内のことは全く気にせず機能面の心配ばかりしていましたTT

メルカリのように顔を見せずに交渉を済ませるならまだしも、

今回はお互い顔を見て交渉したのによくこのままで渡せたなというのがわたしの本音です…

でも主人に文句を言うと中古車販売店に比べ安いんだから

そのままで譲渡するのはおかしなことではないとのこと…

潔癖症の方はこの方法で購入するのはすこし気が引けるかもしれませんね^^;

実際に購入した当日に撮影した写真です↓

個人的に交渉して購入するとこんな感じで汚いまま譲渡されるかもしれないので注意です…

閲覧注意です!!

③ 外観ばかりではなく車内もくまなく確認すること

車内の汚さを確認するためでもありますけど^^;

車内の機能を確認するのが目的です!

エンジンや走行距離などに気を取られて

車内をきちんと確認せずに購入してしまいましたが、

購入してから片方の後部座席の鍵がうまくかからないことに気が付きました。

全く作動しないわけではなく鍵をかけると

数回に1回鍵がどこかに引っかかってうまくかかりません。

これももっと値下げ交渉するための切り札にできたのに

主人と残念がっていましたTT

車内もくまなく確認することも忘れないでね!!

④ 車両登録事業所で所有者の名義変更などを行う

主人がすべて手続きをしてくれたので正直よくわかっていないので

簡単にご紹介させていただきます。

下見に行って購入を決めてすぐ頭金として10万ウォンを出品者さんに事前にお支払いし

翌日最寄りの차량등록사업서(車両登録事務所)で出品者さんと待ち合わせ

書類手続きをしました。

書類手続きする前にわたしの自動車保険の加入手続きを済ませておきました。

所有者の変更をなど公的な手続きをしっかりしておかないと

大きなトラブルを招きかねません。

韓国運転 日本と違うところ

①左ハンドル

わたしはもともと日本で軽自動車を運転していたので

軽自動車であれば運転すること自体には恐怖心はありません。

ですが運転席が左なので車線の真ん中を走るのに感覚がつかめず、

極度に左右に寄って走っているのではないかと怖くなってしまいます。

②右車線走行

韓国での運転で一番わたしをこんがらがらせるのが車線が日本と反対であることです。

日本で普段自分は左車線を走行していると考えて運転したことはないですが、

右折したら一車線跨いで左車線に入る、左折は車線を跨がずに曲がるという感覚が染みついていて、

韓国でも右左折する時、何も考えずぼーっと運転していると

左車線方向に曲がって逆走しかけたことが何回かあります^^;

今、右左折する時は、毎回「曲がったら右車線」と口で言いながら曲がるようにしてます

でないと本当に逆走してしまいようですTT

③赤信号でも歩行者がいなければ右折してもいい

日本では矢印信号で直進右左折などの指示がある場合は赤信号でも走行できますが、

韓国では右車線で右折であれば車線を跨がず曲がることができるので、

赤信号でも横断歩道に歩行者がいなければ右折できます。

大通りなどは優先順位がよくわからずいつ右折していいのかわからないので

まだ1人で車通りの多い場所は行けませんTT

④左折する時は左の矢印信号が光るまで待たなければならない

場所にもよりますが、韓国の大体の場所には左折用の矢印信号があります。

信号が青になると直進または右折する車は動き出しますが、

左折する車は例え反対車線に直進する車がいなかったとしても

左折用の矢印信号が点灯するまで待たなければなりません。

点灯するタイミングは信号機によってまちまちで、

青信号に変わったと同時に左折用の矢印信号が点く場合もあれば、

直進、右折の青信号が赤信号に変わったと同時に左折用の矢印信号が点く場合もあります。

※ただし信号機に「비보호(非保護)」という標識がついている場所では青信号なら

矢印信号がなくても左折可能です。

ですが左折中に他の車両と事故を起こした場合は

自己責任で左折するため過失割合が高くなってしまう可能性がありますので

비보호の信号で左折する際は十分ご注意ください!

⑤ウインカーとワイパーのレバーの位置が逆

韓国の車はウインカーのレバーはハンドルの左側、

ワイパーのレバーはハンドルの右側についています。

へ~ここも逆なんだ~

まぁこれくらいの違いしょうがないし気を付けりゃいいっしょ^^

なんて軽く思って運転してみると毎回パニックです@@

ウインカーを出したい時体が勝手に右のレバーを上下動かすんですTT

それでワイパーが動き出すのでパニックですTT

まだウインカー=右側のレバーという感覚が染みついているので

これは韓国式の慣れるまで時間がかかりそうです…

あちこちで警察の取り締まりがない代わりにあちこちに監視カメラがある

日本では死角になるような道で警察が隠れて交通取り締まりをしているのをよく見かけますが、

韓国ではそのような警察官はほぼ見かけません。

ですが取り締まりがないということではないですよ!!

人の目ではなく監視カメラで取り締まってるんです!!

道路に何百メートル間隔で監視カメラが設置されていて、

監視カメラがある場所では多くの人が各道路で定められた速度で走行するように気を付けています。

結構な間隔で監視カメラが設置されていて、

目視だけではすべて把握できないためナビで確認しながら運転しなければ、

速度違反してしまう恐れがあります…

わたしの車はナビがついていなかったので、

運転する時は携帯のナビアプリが必須です!

まとめ

いかかでしたでしょうか?

心の準備もなく急に車を購入して運転しろと言われ主人に言われビビりまくりましたが、

3回の運転練習でビビりのわたしもなんとか韓国で1人でも運転できるようになりました。

ですが韓国人の性格上せっかちな方が多いですし、

割り込みたい時道を譲ってくれるなんてなかなか見かけませんし、

自分勝手な運転をしている方が日本よりも多くて危ないというのが正直な感想です…

車の構造や交通ルールなど日本と異なることが多く文句を言いたくなってしまいますが、

ここで永く住むと決めたので運転も頑張ってみます!!!

では事故せずにまたお会いできることを信じて!!!

また次の記事でお会いしましょう~

コメント

タイトルとURLをコピーしました